【試食してみて】離乳食のにんじん、もうベーッとさせないコツ。

離乳食
離乳食

離乳食の初期から登場するにんじん。

にんじんって意外と満足のいく仕上がりにならないですよね。

赤ちゃんがベーッとする原因は食感かも?

MOLLY
MOLLY

離乳食の人参をトロトロに仕上げるコツを紹介します!

にんじんをしっかり茹でているのに、

ガリッと食感?!

食感が残ったにんじんでペーストを作ると、

繊維の気になる仕上がりになってしまいます。



ふんわりにんじんペースト
を作るポイントは、

にんじんを茹でるときにやわらかく仕上げること。

茹で方にもコツがあります。

にんじんをやわらかく茹でるコツ : 大きく切って水から茹でる



ポイントを抑えて、ふんわりにんじんペーストを作りましょう!

これできっと赤ちゃんも食べてくれるはず!?

スポンサーリンク

【離乳食初期】にんじんペーストでつまづく

にんじんのペーストは、離乳食初期の早い段階で登場します。

いろどりも綺麗なので、我が家の赤ちゃんも「これはなにかな?」と興味を持ってくれました。

さて実食!

おかゆは食べてくれるのに人参は食べてくれない

鮮やかな色につられて、にんじんを口にしてみた赤ちゃん。

華麗にベーッと吐き出しました・・・・。

おかゆは食べてくれるようになったのに。野菜ペーストは食べてくれないんだ・・・

【大人も味見】にんじんのブツブツ食感が気になる?


「もう食べんぞ」という表情の赤ちゃんを横目に、食卓であらためて味見。

実はこのにんじん、時間をかけて茹でたものの結構芯が残っていました。火が通っていたので、すり潰して、裏ごししましたが、こんなに固くて大丈夫?と心配していたシロモノでもありました。


ちなみに裏ごしをしてすぐの時にも味見しました。大部分は野菜から出た水分。その中に細かい繊維が立っている感じがしました。喉ごしで引っかかるかな程度。

それでもほぼ液状に仕上がっているので食べてもらえるだろう!と思って、与えてみました。

【試食は必要】食べないかった離乳食を食べてみて思ったこと

期待虚しく、我が子に食べてもらえなかったにんじんペースト。

食卓で、赤ちゃんが食べなかった離乳食をあらためて味見しました。

あれ?

冷めたことで、繊維の主張が激しくなっている気がする。

このブツブツ食感が引っかかったんだろうな〜と思いました。

にんじんがやわらかくなる茹で方を発見

大人が食べても少しざらっとすると感じた、私の作ったにんじんペースト。

ふんわりにんじんペーストを作りたい!

にんじんをやわらかく茹でる方法を知りたい!



ネットで調べて行き着いたのは、


大きく切って、水から茹でること。


全然知らなかった!

確かに、早く煮えそうと思って小さくにんじん切ってた!

ちなみに行き着くまでに試した方法、

・薄めに切って茹でる、
・すりおろしてから茹でる

やってみましたが逆効果。ペーストにしてもザラザラの食感に仕上がりました。

にんじんは大きく切るとやわらかくなる

にんじんは、大きく切って水から茹でる!と知ってからは、格段にやわらかく仕上がるようになりました。


具体的な切る時のサイズですが、


離乳食用の場合、人参の中サイズであれば三等分くらい。



かなりの太さですが、この方が火が通りやすいです。


やってみないとわからないものですね。

人参の皮は向いて茹でる

離乳食で与えるにんじんは、皮を剥くのがベター。


野菜の皮には栄養が詰まっていると聞くので、勿体無いですが・・・。

離乳食ではやわらかい食感を目指しましょう

皮は向いて茹でるのがオススメ

食べるのに慣れてから、食材から栄養を摂れるようになってから、皮付きにトライしても遅くないと思います。

タイトルとURLをコピーしました