旬の美味しさを発見できる蒸し野菜【ストウブ離乳食】

離乳食
離乳食

ストウブ離乳食はじめました。

おかゆに慣れてきたら、離乳食でも旬の野菜をたくさん取り入れたくなりました。


素材の美味しさに気づくことのできる調理方法といえば蒸し野菜。

MOLLY
MOLLY

これぞストウブの見せ場!



料理素人の私でも、ただただ野菜を火にかけるだけで美味しい蒸し野菜になります。

標準的な24cmサイズのストウブです。



旬の野菜を、蒸し野菜として一品にして取り入れています。

離乳食にも使いやすく、

大人用の一品には市販のこだわりドレッシシングでこだわってる風のおしゃれな一品に。


素材の旨味がマックスになっている旬の野菜は食べないと損。

MOLLY
MOLLY

旬の野菜は安いのでいっぱい食べてもお財布に優しいところも良い!

スポンサーリンク

【ストウブで蒸し野菜】なぜ美味しい?かまとめ


一体、ストウブ鍋の内側ではどんなことが起こっているのかというと、

ストウブ鍋を火をかけると、熱された食材からしっかりと水分が出ます。

この水分は食材から出た旨味をしっかり抱え込んでいます。この水分が蒸気となってお鍋の中いっぱいに広がります。さらに充満した蒸気がお鍋をまわるこで、食材を包み込みます。もちろん均一に火が通り、ふっくらした仕上がりになります。

という感じです。もし表現に誤解があったらいけないので、ストウブの公式サイトでもきちんと確認してみてください。

蒸すだけで野菜が美味しい衝撃

熱く語ってしまうほどに、

「私たちがすることは火をかけて蒸すだけ。」

なのに

「鍋が、勝手に野菜本来の甘みや旨味を引き出してくれる。」

ことは衝撃的。


素材の甘みを引き出すことで、調味料がなくても普通に美味しい蒸し野菜が出来上がります。

ストウブが離乳食作りで活躍する理由

離乳食時代、薄味を守るには素材の美味しさがカギ。

ストウブで作った蒸し野菜は、味付けしなくても十分美味しく頂けます。

これはかなり強い味方。

こちらが離乳食用に購入したストウブ。

離乳食の蒸し野菜はアレンジ自在


蒸し野菜というと、バーニャカウダ的なものを想像してしまいがちですが、

離乳食にアレンジするとなると無限大。

野菜ペーストのアレンジはもちろん、

つかみ食べにも、

健康的なおやつとしての蒸しいもまで、

手間なしで作れます。

離乳食に旬の野菜メニューを取り入れよう

10倍がゆからはじめた離乳食。

はじめての食材もだんだんとクリアして、もっともっと色々な食材の味を食べさせてあげたいなと思うようになりました。

我が家の食卓、

家族向けの大人ご飯で意識しているのは「旬を取り入れること」

MOLLY
MOLLY

安くて新鮮な、旬なものを選びがちなだけっていうのもありますが・・・。

旬なものには、その時期に必要な栄養が特別いっぱい!

赤ちゃん向けの離乳食でも、どんどん旬を取り入れて行こう!と思いました。

今は近所の産直にいくことが多いですが、大阪市内に住んでいた頃はネットで産地から野菜を取り寄せていたことも。




妊婦時代にストウブ調理にハマり、手軽な調理と野菜の美味しさを発見した私。

離乳食スタートと共にラココットを新調しました。

蒸し野菜を中心に、ストウブが離乳食で活躍してくれることをかなり期待をしていました。

ストウブに期待していたこと

野菜の甘みを引き出してくれるストウブ。

妊婦時代に、しんどさでヨロヨロになって作ったストウブに食材を入れただけの煮込み料理。その美味しさと手軽さに感動した私。頑張った甲斐がありすぎました。


それからも、駆け込み寺のように、何を放り込んで作っても美味しく仕上がるストウブ。きっと離乳食でも活躍してくれるはず!

ストウブファンの私が離乳食ストウブで期待していたのはこの3つ。

①離乳食で素材の味を知ってほしい

MOLLY
MOLLY

食育も意識してます。

食材ごとの、素材の美味しさを知っていくことは離乳食で大切なことの一つだと思います。

これからずっと続く食生活を豊かなものにしてほしいと思っています。

②野菜ペーストをふんわり作りたい

野菜をやわらかく仕上げることで、野菜ペーストも美味しく仕上がります。


野菜の食感については、我が家ではまずにんじんで洗礼を受けました。↓

【試食してみて】離乳食のにんじん、もうベーッとさせないコツ。
...


結果的に、にんじんはストウブでなくても美味しく仕上がりました。

なので、当たり前ですが、どの鍋でも上手に使えば野菜は美味しく仕上がります。

【ちなみに】じゃあなぜそんなにストウブを推すのか?

私がストウブを推す理由は、色々考えなくてもとりあえず火にかければ美味しく仕上がる気軽さ。

普通に使っていても「流石ストウブ」と思わざるを得ないシーンが多すぎる。

私みたいな素人が適当に作っても美味しく仕上がるのはやっぱりすごい。

つまり、大ファン。

MOLLY
MOLLY

もういいよ!って思った方、ごめんなさい。

もちろん、デメリットもありますよ。

重い!

離乳食用のラココットは、毎日使うから小さいものを選びました。24cmの標準的なストウブ鍋、洗うのが億劫なくらい重いです。

あと、乾燥させること。丁寧には管理していませんが、たまに鍋底にオリーブオイルを垂らしてキッチンペーパーで全体を拭きあげています。

ストウブで野菜を茹でるのもオススメ

蒸し野菜の美味しさをしつこく語ってきましたが、

理由は離乳食に使い勝手がいいからです。

そして、もちろん美味しいのは蒸し野菜だけじゃありません。

茹でるのも美味しい!笑

ほうれん草もストウブで茹でています。

【大人むけストウブ】インスタントラーメン


野菜マシマシで、お水少なめ(野菜から水分が出るのを見越して)インスタントラーメンを作るのもオススメ。

クッタリ食感の野菜と、野菜の出しが滲み出てコクがでたインスタントラーメン。


塩ラーメンアレンジが、野菜から水分が出て味が薄くなった時にも調整しやすいです。

↓これです。ネットで買うと少し割高ですね。

タイトルとURLをコピーしました